基本情報

医学部の学費は平均どのくらい?国公立・私立それぞれ解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「医学部を受験したいけれど、医学部の平均的な学費はどれくらいなのだろう」

医学部を志す人であれば気になるのが学費ですよね。

進学するにあたり他学部よりも費用がかかるとされる医学部。

医学部の学費の平均やその他に必要な費用について解説します。

最短合格を目指す最小限に絞った講座体形

スキマ時間に学習できる

現役のプロ講師があなたをサポート

20日間無料で講義を体験!

医学部の学費の平均

国公立

国立大学医学部の平均的な学費は6年間で約350万円です。

国立大学では入学金と授業料の「標準額」が定められています。

標準額は入学金が282,000円、授業料では535,800円です。

2005年から変わりはありませんでしたが、2020年に千葉大学と東京医科歯科大学が授業料を642,960円へと値上げした為、現在2校の学費は約414万円です。

公立も国立と同じくらいの学費ですが、少し違いがあります。

入学金が学生の出身によって違いがあるという点です。

例えば福島県立医科大学では福島県民の入学金は282,000円、福島県民以外は846,000円なのです。

住民と住民以外で最も大きな差があるのが福島県立医科大学ですが、その差は56万円ほどなので、国立大学と比べてもそこまで大きな差ではありません。

国公立に進学すれば医学部でも学費が抑えられるので、国公立を目指す受験生は多いです。

関連コラム:医学部の学費ランキング(私立・国公立)6年総額・入学金を紹介

私立

私立大学医学部の平均的な学費は国公立大学の5倍以上です。

私立大学の医学部は学費の差が大きく、最も安い国際医療福祉大学でも6年間で約2,000万円が必要です。

現在一番学費が高い川崎医科大学は約4,700万円程であるため、学校によって2,500万円以上の開きがあることが分かります。

私立の医学部は6年間の平均的な学費が約350万円の国公立大学と比べるとその差は何倍もありますが、学費を安く抑えられる方法もあります。

例えば奨学金を借りるということが考えられます。

奨学金の中には無利子で借りられるものもあるので、条件等を見てみると良いでしょう。

さらに各学校では優秀な学生に対して、授業料やその他費用の一部免除や給付を行う制度を設けていることもあります。

学費以外にかかる費用

医学部に通う場合、必要なのは6年間の学費だけではありません。

学費以外にも必要な費用がいくつかあります。

教科書代

教科書はどの学部であっても必要なものです。

しかし医学部で使用する教科書は専門的な内容であることから、どうしても1冊単位の金額が高くなってしまいます。

おおよそ1冊3千円~1万円前後です。

全てを新品で買い揃えていくと6年間で10万円以上かかることもあります。

ただし、最新の内容が必要な教科書以外は先輩から譲り受けたり、図書館で借りることで費用を抑えることが可能です。

1人暮らし費用

目指す大学が必ずしも自宅から通える範囲の医学部とは限りません。

家から遠い場合は1人暮らしをすることもあります。

1人暮らしの生活費(家賃、食費、水道代、光熱費など)としては月に約10万円前後が必要です。

6年間続けた場合の生活費は約720万円程かかる計算です。

共用試験に関わる費用

5年生になると臨床実習が始まりますが、実習を受けるためには共用試験を受けなければなりません。

医学生はまだ医師ではないため、実習するにあたり必要な水準の知識・技能・態度を評価する必要があります。

CBTとOSCE(オスキー)と呼ばれる2種類の試験で、多くは4年生の後半に受けることになります。

共用試験の受験費用は25,000円です。

国家試験に関わる費用

医師になるために必須な医師国家試験があります。

受験の際に約1,5万円と、合格した後には医師免許の登録に約6万円程必要です。

さらに国家試験に合格するための対策として過去問を購入したり模試を受けたり、対策用の講座を受講したりすると20万円〜30万円ほど必要になります。

実習の道具類

医学部ではたくさんの実習が行われます。

実習を行う際に必要なのは白衣、聴診器、解剖セット、その他の細かいものなど。

これらに関してこだわればいくらでも高額になりますが、共同購入するなどすれば、5万円ほどで揃えられるようです。

まとめ

医学部の学費と一口に言っても、国公立と私立の間には大きな差があります。

私立大学内でも2,500万円以上の差があるなど大学によって学費は様々です。

学費以外にも予備校代から教科書代、試験に必要な費用、実習で必要な道具などにもお金はかかります。

医学部進学にはお金が必要ですが、数年後には立派な医療人として活躍できるよう、改めて受験勉強から真剣に取り組みましょう。

最短合格を目指す最小限に絞った講座体形

スキマ時間に学習できる

現役のプロ講師があなたをサポート

20日間無料で講義を体験!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

20日間無料で講義を体験!