学校情報

慶應大学医学部で卒業までにかかる学費と利用できる奨学金

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

医学部の入学を目指したいと思った際に、学費がどのくらいかかるのか気になりますよね。

このコラムでは、慶應大学医学部で卒業までにかかる学費と、利用できる奨学金について解説します。

最短合格を目指す最小限に絞った講座体形

スキマ時間に学習できる

現役のプロ講師があなたをサポート

20日間無料で講義を体験!

慶應大学医学部でかかる学費

 慶應大学医学部に6年間通学するとかかる学費は2,200万円程度です。

※詳細は慶應大学の公式HPもご確認ください。

内訳は以下のようになっています。

・入学金20万円程度

・初年度380万円程度

・2年目以降360万円程度

関連コラム:医学部の学費ランキング(私立・国公立)6年総額・入学金を紹介

慶應大学医学部で学費以外にかかる金額

6年間で学費以外でかかる費用について検討してみましょう。

授業料以外に費用がかかるものとして主に以下のものがあげられます。

・教科書代・参考書代

・実習道具代

・予備校代

・一人暮らしの生活費

以上の項目について以下では詳しく見ていきましょう。

教科書・参考書代

慶應大学医学部では1年間で10科目程度の科目を学習します。

教科書代に関して基本的に医学書は高額なものが多く、一冊あたり安いもので3千円~5千円、高いもので8千円~1万円の費用がかかります。

授業や実習で必要な参考書に関しては部活の先輩から譲ってもらえる場合など、買わなくて済むケースもあります。

実習道具代

実習代に関しては授業料の中に含まれており白衣やメスなどの諸経費以外はほとんどかかりません。

座学を学ぶ1~4年次では本格的な実習をすることはなく、想像するような病院内での実習は主に5~6年生でやることになります。

白衣や実験道具などの道具代としては年間4万円程度がかかります。

予備校代等

4年次のCBT(医学部の学生に対して、臨床実習の前に実施される評価試験)と6年次の国家試験の際には、学校の授業とは別に多くの学生が予備校の通信講座をとり学習するのが慣例です。

予備校にもよりますがそれぞれ教材費も含めて各試験ごとに10~15万円程度かかると見積もっておくとよいでしょう。

6年間の総額を考えると30万円程度かかります。

基本的にこれらの試験の合格率は高いですが母集団が全医学部生のため勉強量はかなり必要とされます。

なお、CBTの受験料は授業料に含まれていますが医師国家試験の受験料として1万5千円、医師免許の登録料は別で6万円かかります。

一人暮らしの費用

一人暮らしをする場合ですが慶應の医学部生の場合、他学部とはキャンパスが異なるため慶應大学の寮を利用する人は少ないです。

慶應大学医学部生の多くは信濃町、お茶の水、飯田橋など大学からのアクセスがよいところに暮らしています。

このエリアの一人暮らしの家賃は9~12万が相場のようです。

参考:LIFULL HOME’S

慶應大学医学部で学費の負担を減らすために利用できる制度

慶應大学医学部の学費を軽減できる制度として奨学金制度があります。

学校独自の奨学金は、以下のようなものがあります。

・慶應義塾大学人材育成特別事業奨学金

・学問ノススメ奨学金

金額が大きいのは、慶應義塾大学医学部人材育成特別事業奨学金です。

全額給付型で金額も総額800万円と非常に大きく、家庭の収入制限がありません。

詳しい内容は以下の公式ホームページよりご確認いただけます。

参考:慶応大学公式ホームページ 奨学金制度

この他にも日本学生支援機構による奨学金など民間の奨学金も存在します。

慶應大学独自の奨学金は民間の奨学金と併行して受給できるものもあるためよく確認しておくとよいでしょう。

関連コラム:医学部の奨学金制度まとめ。学費0円で私立医学部卒業できる?

まとめ

慶應大学医学部の学費に関して解説しました。

慶應大学は私立大学の医学部の中では学費は安い方ではあるものの国公立大学に比べると非常に高い学費が必要です。

一方で学内学外ともに奨学金制度等が充実しているため学費軽減のチャンスは多くあります。

自分があてはまるものを確認しておくとよいでしょう。

最短合格を目指す最小限に絞った講座体形

スキマ時間に学習できる

現役のプロ講師があなたをサポート

20日間無料で講義を体験!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

20日間無料で講義を体験!