勉強法関連

医学部受験の通信講座・予備校おすすめの5社を比較!費用や特徴は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

医学部受験をする人の多くは予備校を検討しますよね。

最近では自宅で完結する通信講座やオンライン授業も充実してきました。

予備校といっても、それぞれ特徴があります。

このコラムでは、医学部受験におすすめで、オンラインで授業を受けることのできる予備校・通信講座5社を比較し、特徴を紹介します。

最短合格を目指す最小限に絞った講座体形

スキマ時間に学習できる

現役のプロ講師があなたをサポート

20日間無料で講義を体験!

医学部受験は予備校(通信講座)がおすすめ

医学部受験の際には予備校の通信講座やオンライン授業を利用するのがおすすめです。

予備校に通う以外の方法に独学という選択肢もありますが、そもそも医学部受験に独学で合格できる人はかなりの少数派です。

予備校では面接の対策や参考書の解説でも理解できなかったことへの質問ができたり、勉強の進め方を一緒に考えてくれたりします。

独学では勉強への対策以外にも、モチベーション管理やメンタルに関わるケアまで自分で全て行わなければなりません。

効率的に勉強を進めて医学部に合格するには、予備校を利用することが最適な道であるといえます。

さらに、オンライン授業や通信講座は時間の面からもおすすめのスタイルです。

医学部受験におすすめの予備校・通信講座5社を比較

社名
講座名
料金(税込)質問制度
アガルートメディカル国公立大本科生コース
私立大本科生コース

国公立大本科生コース
672,375円

私立大本科生コース
638,000円
メディカルラボ医学部総合コース入学金 100,000円
個別カリキュラム管理費
528,000円
年間授業料 2,312,000円
合計:2,940,000円

富士学院

高3生は個別指導コース

オンラインも選択可能

入会金 55,000円

個別指導1コマあたり
70分 14,000円
100分  20,000円

例)1コマ100分の授業を週1回受講する場合の年間授業料:約100万円
ACE Academy
通信指導(ZOOM面談コース)高3(週3回コース)入塾金 55,000円
年間 924,000円
合計:979,000円
野田クルゼ
​​​​​​【高3生・高卒生】オンライン個別指導(メディカルウィンオンライン)入会金 10,000円1コマ80分 13,307円※月3回以上の実施が必須
合計:489,052円〜

※各社代表的な通信講座(オンライン授業)のプランでのみ比較を行っています。他プランにつきましては各社のHPよりご確認下さい。

※キャンペーン等によって価格は変更になる可能性があります。

アガルートメディカル

アガルートメディカルは映像授業による通信指導と、コーチングによって超効率的に医学部受験合格を目指す通信制の予備校です。

オリジナルのテキストを利用して「映像授業」を受講します。

プロ講師陣による映像授業は何度でも見返すことができるので、いつでも場所を選ばずに学習することが可能です。

また分からないことや、授業中に聞き逃したことも映像で見返すことができるので理解も深まります。

映像による授業と組み合わせて現役の難関医学部生のコーチによる「コーチング」が週に1度受けられます。

また、質問したいことはコーチにいつでも質問でき、3日以内には回答が返ってきます。

学習の進捗や計画の確認、気になることへの質問などの指導を直接受けられます。

コーチングによって自分が今どのような位置にいるのかなどを細かく振り返えることが可能です。

月に1度は講師との定期面談があり、学習方法や進路について相談ができるので、モチベーションを維持しながら効率的に合格が目指せます。

メディカルラボ

メディカルラボは全国に27校舎を構える医系専門予備校です。

メディカルラボの1対1授業にはオンライン形式もあり、近くに校舎がない人でも対面と同じクオリティの授業を受けることが可能です。

オンラインで150分間の授業を受けられ、一人ひとりに合わせた個別のカリキュラムを組んでくれます。

講師がオンライン授業専門のブースからリアルタイムで授業を行うオンライン授業のため、講義中にわからないことをその場ですぐに質問することもできます。

リアルタイムでコミュニケーションを取ることができるため、生徒の特性などもわかった上で授業を進めてくれるのは安心です。

またオンライン授業から対面授業に切り替えたくなった場合は切り替えも可能です。

個別の担任が生徒一人について、月に一度の面談や学習のフォローを行ってくれるのも魅力の1つです。

生徒の質問に答えるために現役医大生がチューターとして常駐しているので、学習中に疑問に思ったことをすぐに質問し、解決することが可能です。

富士学院

富士学院は全国に8校舎展開されています。

指導するのは書類選考、筆記試験、模擬授業、面接試験を用いた4段階選抜によって選び抜かれた講師陣です。

WEBで担当の教務職員が質問以外のことであっても相談に乗ってくれます。

個別指導はオンラインも選択でき、1コマ70分、100分から選ぶことができます。

オンライン授業の受講者も全国にある校舎にて自習が受けられるという特徴があります。

ACE Academy

ACE Academyでは集団講義は一切行わず、生徒の「演習時間」を最大限に設けるというスタイルの塾になります。

講師は全員が医学部生で8割以上がACE Academyの卒業生です。

1日3時間を授業時間としており、2時間で暗記と計算演習を行い、1時間が自習の時間です。

週に1度行う勉強報告をもとに塾長が課題作成します。

また面談は週に2回まで行われ、講師である現役医学生が勉強方法や、メンタル面、学習計画、模試や月に1回の分析に対するフィードバックに至るまでをサポートしてくれます。

同じACE Academyの先輩で医学部生というのは強い味方です。

過去に寄せられた質問に対する回答集を塾生の専用ページに記載しているので、疑問が出てきた時には自分で調べてすぐに解決できます。

質問したいことが出てきた場合は、質問フォームを使っていつでも質問することが可能です。

塾生専用のページには他にも医学部受験に役立つ情報がたくさん載っています。

野田クルゼ

野田クルゼは1970年から続き、歴史・伝統ある医歯薬大学受験専門の予備校で、オンラインによる個別指導が受けられます。


講師陣は20年以上の医学部進学経験者が多く、チューターとしては現役大学生のアシスタントスタッフが在籍しています。


日本の中で難関とされる大学を卒業し、医学部受験に長年携わってきたプロの講師陣から、年齢も生徒に近い大学生のチューターに至るまで幅広い人たちの知識や意見を得られるのが野田クルゼの特徴といえるでしょう。


野田クルゼでは担任制を採っており、講師やスタッフが受験勉強からメンタル面まで相談に乗ってくれます。

自分にあった予備校(通信講座)選びで合格を

医学部合格を目指すにあたって、どの予備校(通信講座)を選ぶかはとても重要です。

自分に合った講座であるかどうか、特徴を比較し、自分に最適なものを選んで合格を目指しましょう。

最短合格を目指す最小限に絞った講座体形

スキマ時間に学習できる

現役のプロ講師があなたをサポート

20日間無料で講義を体験!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

20日間無料で講義を体験!