医学部

東京大学医学部の特徴・入試情報について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大学受験界の最難関と呼ばれる医学部入試。

医学部に入学するには並大抵な努力では到底届きません。

今回は、その中でもさらに最高峰に位置づけられる東京大学医学部を紹介します。

最短合格を目指す最小限に絞った講座体系

スキマ時間に学習できる

現役のプロ講師があなたをサポート

20日間無料で講義を体験!

基本情報

所在地

東京大学医学部は、 東京都文京区本郷にキャンパスを構えます。

本郷は、東京大学以外にも多くの教育機関が存在している場所でありますが、非常に落ち着いた雰囲気で、夜には学生街とは思えないほどの静けさになります。

治安も良好で、万が一勉強や研究で遅くなっても安心の環境です。

学修環境

東京大学医学部のカリキュラムでは、前期過程(2年)後期過程(4年)に分けられています。

前期課程では「教養学部」に所属し医学のみならず人文科学や社会科学の分野も含め多角的に学習を進め、後期過程から「医学部」(※この段階から医学部1年生(M1)と呼ばれます)にて臨床学習を進めることとなります(必ず教養学部理科三類から医学部へと進学できるわけではありませんし、理科三類以外でも医学部進学は可能です。)。

また東京大学医学部は、政府からの助成金拠出額が1位となっており、最先端の医療技術研究が活発に行われています。
そのためか、他大学医学部と比較して医師よりも研究者を志す割合が高く、大学院への進学率も高いのが特徴です。

グローバル教育や課外学習などにも力を注いでいて、FLY Program(初年次長期自主活動プログラム)やPEAK(教養学部英語コース:Programs in English at Komaba)プログラムなど多様な制度が設けられています。

学費

〇1学年次学費 817,800円(入学金282,000円、授業料535,800円)
〇2学年次以降学費 535,800円
◎6年間学費総額 3,496,800円 

国立大学だけあって私立大学よりは遥かに安い授業料となっていますね。

さらに東京大学ならではの奨学金制度が充実しています。
ゴールドマン・サックス・スカラーズ・ファンド奨学金東京大学さつき会奨学金東京大学さつき会奨学金(島村昭治郎記念口)東京大学学部学生奨学金など数多く整備されています。

サポート体制

医学部の基礎及・臨床医学研究者を育成する3つコースがあります。

PhD-MDコース

M2(医学部2年生)もしくはM3(医学部3年生)の終了後に医学部を休学し、博士課程大学院に入学することで、医学部卒業を待たずに研究に専念できます。
博士課程終了後に医学部に戻る事も可能です。

MD研究者育成プログラム

通常の医学科カリキュラムに加えて、所属研究室での活動・基礎医学ゼミナール、英語ゼミなど基礎医学研究に必要な素養の取得・実践をするプログラムです。
対象はM1~M4です。

臨床研究者育成プログラム

通常の医学科カリキュラムに加えて、週一回のレクチャーコースと少人数コースを通じて臨床医としての考え方や臨床研究の重要性を学習します。
対象はM1~M4と研修医です。

入試情報

医学部に進学するためには、「東京大学教養学部理科三類」を受験するのが一般的です。
というのも、大半がここから医学部へ進学するためです。

入試情報の詳細は以下から確認できます。
https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/admissions/adm-data/e01_02.html

全体の傾向として文章量が多く、且つスピードが要求されることが多いですが、上位私立大学でも出題されるレベルの問題が多く見られます数学や化学では顕著)。

そのため、ある程度よく出題される問題をスピード感を持って正確に解き進める訓練をしておくことが効果的な対策でしょう。

最短合格を目指す最小限に絞った講座体系

スキマ時間に学習できる

現役のプロ講師があなたをサポート

20日間無料で講義を体験!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

20日間無料で講義を体験!