基本情報

面接なしで受験できる医学部は?面接が重視される理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

医師を目指す志の高い受験生が集まる医学部受験。

倍率も他学部入試に比べ高く、合格のためには、高度かつ確固たる学力が求められます。

また、医学部入試が他学部入試と異なるところとして、学力試験のみならず、面接試験が課されるということが挙げられます。

医師になるに足るだけの学力を有することを前提に、医師になる強い意志を持っているかを見るために面接は行なわれます。

今回のコラムでは、医学部受験において面接の無い大学はあるのか?理由も含めて解説します。

最短合格を目指す最小限に絞った講座体形

スキマ時間に学習できる

現役のプロ講師があなたをサポート

20日間無料で講義を体験!

医学部で面接のない大学はある?

医学部受験において、面接のない大学はありません。

国公立、私立大学全てにおいて、医学部受験では面接が必須となります。

もっとも、以前は面接のない医学部受験もありました。

医学部最難関、日本最難関学部である東京大学医学部(理科3類)では、2007年から2017年までの11年間、面接は実施されていませんでした。

また、九州大学医学部では2020年入試で初めて面接を導入したことから、それまでは面接を実施していませんでした。

もっとも、2021年現在、先に述べた通り、面接を課さない医学部は存在していません。

学力向上はもちろんのこと、面接対策もぬかりなく行なうことが、医学部受験を突破するカギと言えます。

医学部では面接が課される理由

では、なぜ医学部受験では面接が課されるのでしょうか。

その理由は大きく分けて3つあります。

本当に医師になりたいかを見るため

医師は、社会において必要不可欠であり、社会的地位もとても高い職業です。

単に勉強ができる、学力が高いだけでは到底務まらない職種と言えます。

目の前の患者を救いたい、病気で困っている人を1人でも多く助けたいなど、医師になりたい理由や動機が明確は学生こそが、将来医師となり活躍すべきです。

面接は、将来本当に医師になる気概があるのか、どういった医師になりたいと考えているのかを確認するために行われます。

医師を目指す気持ちがない学生が医学部に入学してしまうと、勉強に身が入らず単位を落とす、留年するといった事態が発生しやすくなります。

こうした事態を避けるために、単に勉強ができるから医師になりたいと考え入学する学生を振り落とす狙いがあります。

入学後も積極的に勉学に励んでくれるかを確認するため

医学部入学はゴールではありません。

6年間の医学生生活はもちろん、その後の各種研修など、約10年間は修業期間が続きます。

医学部での勉強は、受験勉強とは全く異なります。

年次が上がるごとにより専門的になり、理解し覚えることも多くなります。

そうした修業をする意志があるか、その適性があるのかも、面接ではチェックされます。

各大学は建学の精神やアドミッションポリシーに則り、多様な学習環境、教育プログラムを用意しています。

オープンキャンパスや学校説明会に参加するなどし、大学のカリキュラムなどを把握し積極的に入学を希望しているのかも面接試験では問われます。

人間性や協調性、コミュニケーション能力を見るため

医師は患者と接する職業です。

医療人として、豊富な知識や経験、技術を有することはもちろん、病気を抱えた患者さんを寄り添う人間性や、協調性、コミュニケーション能力が求められます。

医療従事者である前に、1人の人間である。

このようなことが言われることもありますが、学力のみならず、受験生1人1人がどういった人格を持つ人物なのかを確認する場と言えます。

臨床医ではなく研究医でもコミュニケーション能力が必要という点に変わりはありません。

研究は1人では行なえず、メンバーと協力し行なっていくことが大きな研究成果へとつながります。

面接会場で対面で話をすることにより、そうした能力が備わっているかが確認されます。

まとめ

高い学力を持つ受験生が集結する医学部入試。

医学部入試では面接が必須であり重視される“という傾向は今後も続くと考えられ、面接対策も含めた総合的な対策が要求されます。

医学部の面接を突破するためには、「よく聞かれる質問をネットで調べて確認しておく」「予備校で面接指導を受ける」といった事前対策が重要となります。

情報収集を怠らず、最終合格に向けてぬかりなく計画的に対策を進めて行きましょう。

関連コラム:医学部面接試験でよく聞かれる質問例と対策8選

最短合格を目指す最小限に絞った講座体形

スキマ時間に学習できる

現役のプロ講師があなたをサポート

20日間無料で講義を体験!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

20日間無料で講義を体験!