勉強法関連

40代で医学部の再受験を目指す方法!難しい点や合格するポイントを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「人間、志を立てるのに遅すぎるということはない」ある政治家が残した名言です。

長い人生の中で医学部を目指すきっかけに出会うタイミングは人それぞれです。

このコラムでは、40代で医学部合格という志を立てた人向けに、医学部再受験からの合格の可能性や合格に向けた施策などを紹介しています。

まずは情報収集を行い、医学部合格に向けたスタートを切りましょう。

最短合格を目指す最小限に絞った講座体系

スキマ時間に学習できる

現役のプロ講師があなたをサポート

20日間無料で講義を体験!

40代で医学部に合格することはできる?

「40代で医学部に合格することはできるのか」

結論として、40代で医学部合格を目指すことは可能です。

ただし、その道のりは簡単なものではないことも同時に理解しておく必要があります。

公表されている国公立大学医学部入学者のデータより、年齢別入学者数を確認してみましょう。

◆国公立大学医学部の年齢別入学者数(2021年度)

22歳~29歳30代40代50代~
228名47名3名1名

※入学者情報非公開等の一部大学を除く

私立大学医学部のデータは公開されていないため、国公立大学医学部のデータをもとに考察していきましょう。

2021年度のデータを例に挙げると、年齢が上がるにつれ医学部への入学者数は右肩下がりとなっています。

とは言え、医学部への入学をつかみとる40代以上も少なからず存在しています。

また、公表されていない私立大学や一部の国公立大学の医学部もあるため、40代以上の入学者数はもう少し増えると考えられます。

40代で医学部合格を目指した努力が報われる可能性はありますが、その道はとても険しいものであるとも結論づけられます。

参考:大学基本情報

40代で再受験する大変さや難しさ

本章では、40代で再受験するうえでの大変さや難しさを整理します。

受験までの難しい点

40代が受験までに感じる難しさは、「学習習慣」「ブランク」の2点が大きなものとなるでしょう。

多くの40代は社会人生活を送りながら医学部再受験を目指すことになります。

多忙な生活の中で、科目学習を含めた受験対策にどれだけ時間を割き続けられるかがポイントです。

現役生時代から長い時間が経っている点からも、改めて継続的な学習習慣を身につけることが最大の難関になるのではないでしょうか。

また、膨大な科目知識が求められる医学部受験では、一定の知識量が必要となってきます。

40代以上では、この知識量を改めて理解し定着させる必要があります。

この点も、40代に立ちはだかる壁といえます。

入学後や卒業後の難しい点

受験のハードルを乗り越えた40代にも、まだまだハードルがまっています。

前述したように40代以上の医学部生はほとんどいないため、同級生の大半が一回り以上年下ということもあります。

背負う覚悟や学ぶ姿勢で、入学後や卒業後にも周囲とのギャップを感じる可能性も否定できません。

感情に流されることなく、医学に携わる者としての覚悟が求められ続けます。

40代の再受験で医学部に合格するポイント

医学部を再受験する決心ができたら、医学部再受験で合格するためのポイントを理解していきましょう。

綿密なスケジュールを実行する

受験年度を決め、受験科目を確認できれば、本格的にスケジュール策定をすることができます。

ここで最も大切なことは、絶対に計画倒れしないことです。

どれだけ綿密に計画しても、少しの気の緩みで「今日はいいだろう」と考えてしまいます。

先延ばしによってズルズルと学習習慣が崩れはじめることが、立て直しが難しくなってしまう原因です。

策定したスケジュールを完璧に実行することが、40代からの医学部再受験合格の最低条件といえるでしょう。

「なぜ医学を学びたいか」を常に意識する

40代からの医学部再受験の難しさはいくつもあり、挫折しやすい道のりであることは間違いありません。

しかしながら、強い目的意識を持ち続ければ困難にもまっすぐ向き合い続けることができるでしょう。

40代からの医学部挑戦において最も大切なことは、自分自身のモチベーション管理です。

科目学習のコツも大切ですが、前向きに学習に取り組める土台づくりを自分自身で行うことが何よりのポイントです。

理解者を得る

難易度の高い目標に向かうとき、もちろん自分自身が最も努力する必要があります。

ただ、さまざまな人の協力あってこそ成し遂げられるものです。

身近な人に理解者となってもらえれば、目標達成に向けて必ずサポートをもらうことができます。

家族や親族、会社の同僚や上司など、いざという時に頼りになる身近な人へ自分の思いを打ち明けてみてください。

その思いに共感してくれる人がいるだけで、自分自身のモチベーションにもつながるはずです。

まとめ

このコラムでは、40代で医学部再受験にチャレンジする難しさと、合格に向けたポイントを整理しました。

決して平坦な道ではないものの、合格の可能性は間違いなく存在しています。

その可能性を少しでも高めるため、ありとあらゆる施策を実施してみてください。

40代で医学部の再受験を目指すなら、通信講座を活用してみましょう。

社会人生活との両立をしながら、学習の習慣づけを行うことを力強くサポートしてくれます。

同じ志を持つ再受験者とともに、通信講座で医学部合格に向けてチャレンジしてみてください。

最短合格を目指す最小限に絞った講座体系

スキマ時間に学習できる

現役のプロ講師があなたをサポート

20日間無料で講義を体験!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事の監修者 山崎 敬太

山崎 敬太

筑波大学人間学群心理学類 卒業。

大学卒業後、英語講師として、難関大・医学部志望者300名以上に指導経験をもつ。
その後、小中高生向け早期キャリア教育事業の施設長として、生徒やご家族へ進路の相談援助を実施。

現在は医学部受験向けメディアのライターとしても活動中。医学部受験生に向けて、役立つ入試情報等を発信。

アガルートメディカルの講座を見る

コメントを残す

*

20日間無料で講義を体験!